スカウトマンとは

風俗店で働くことになった女性の経緯というのは、本当に人それぞれになってくると思われます。
とはいえ、そのお店に入店するとなる大体の経緯は2つのパターンに分けられることになるのです。
それは、自分自身で求人を見つけてそのお店に入店をすることになったというのと、スカウトマンを経由してそのお店に入店をすることになったという2つになってくるのです。
風俗のスカウトマンというのは、街頭などで女性に声をかけてリクルーティング活動している人達のことで、声をかけた女性が自分もしくは所属している会社が契約している風俗店に働くことで収入を得る職業というものであります。
繁華街の駅周辺を歩いていて男性から声をかけられた経験のある女性は多いと思いと思われます。
ほとんどの女性は声をかけられたとしても無視していると思いますが、もしもその男性についていったらどうなるのかということは女性であれば誰でも気になるところになるでしょう。

そもそも、繁華街や駅周辺で通りすがる女性に声をかけている男性のほとんどは、何かしらのスカウトマンだと思ってまず間違いないでしょう。
ですが、風俗のスカウトとして專門でやっている人よりも、通常はガールズバーやキャバクラ、風俗、アダルトビデオ、モデルなど複数の紹介先を抱えていることが多い印象であります。
スカウトマンやキャッチと呼ばれている人達のほとんどが男性であり、街を歩いていて「こんにちは」と気軽に声をかけてきて「芸能関係のスカウトをやってる者なんですが」、「お姉さんこれからどこ行くの」などと声をかけてくるケースがほとんどになります。
もちろん無視して済むこともあれば、粘り強いスカウトマンなら50メートルくらいずっと横に並んでアレコレ説得してくる人もいるのです。

そこで一般のスカウトマンのイメージなのですが、ビシッとスーツを着ているスカウトマンもいれば、カジュアルなスーツのスカウトマンもいますし、ちょっとオシャレな私服の人といったようにその人の個性によって様々の印象を受けます。
正直服装だけではあまり見分けはつきませんが、ここ最近だと手で持てるセカンドバッグのようなかばんを持っているスカウトマンが多い印象です。
では、スカウトマンの収入というのはどういったものなのでしょうか。
スカウトマンという職業は女性をガールズバーやキャバクラ、風俗、アダルトビデオ、モデルなどに紹介して初めてお給料が発生してきます。

風俗スカウトの場合、女性が1ヶ月に稼いだお給料の10パーセント~15パーセント前後が毎月スカウトマンに支払われるのが一般的で、紹介した女性が1ヶ月に100万円を稼いだのなら、スカウトマンには10万円~15万円の紹介バックが風俗店から支払われるのです。
逆に、スカウトマンの場合は女性が風俗店で働かないことにはお給料ゼロということになるのです。